檜原村トイ・ビレッジ構想

森林率93%の檜原村は、”東京都の森”として他の地域にはないブランド力を持っています。世界第2位の森林大国日本の象徴が都内にあることの価値を見出し、地域資源を最大限に生かした構想を背骨にしたものです。その豊かな森の恵み、森林資源を活かした木材・木育産業の推進事業として、新たな観光・エコツーリズムの拠点となる木工房による木のおもちゃ等の製作と、おもちゃ美術館を中心とした多世代交流型木育推進事業を柱としたものが「檜原村トイ・ビレッジ構想」です。

檜原村トイ・ビレッジ構想の三大要素

木工・おもちゃ産業の推進

・檜原村の森林を活かした木工品・おもちゃの製造

・木工・おもちゃ産業の育成を通じた人口増加・定着化

おもちゃ美術館の設立

・新たな観光産業ターゲットとしての子育て世代が集まる子育て支援・木育拠点づくり
・檜原版エコツーリズムとの連携による相乗効果の獲得

人材育成の推進

・森林たくみ塾などの木工技術専門学校との連携
・地域人材による運営団体、ボランティア組織の人材育成
・地域おこし協力隊・地域おこし企業人制度の活用

お問い合わせ先
特定非営利活動法人 東京さとやま木香會

〒190-0200東京都西多摩郡檜原村3783番地
檜原森のおもちゃ美術館

TEL:042-588-4044|FAX:042-588-4045
Mail:info@hinohara-toymuseum.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 by HINOHARA TOY MUSEUM TOKYO